ミャンマーを危惧する近隣国 背広着た国軍トップの思惑

有料会員記事

シンガポール=西村宏治、バンコク=福山亜希、ジャカルタ=野上英文
[PR]

 クーデターで国軍が権力を握ったミャンマー情勢をめぐり、東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳らが24日、対応策を協議した。会議には国軍トップのミンアウンフライン最高司令官も参加。首脳らは特使を派遣する方針などで一致したが、事態の打開につながるかは不透明だ。域内の温度差も抱えつつ、ASEANの模索が続く。

 ジャカルタの空港に降り立ったミンアウンフライン氏は、いつもの軍服姿ではなく、背広を着ていた。クーデターに対する抗議活動がやまないなか、自国を空けてまで国際会議に参加した背景について、識者らは「国軍による統治が国際的に承認を得ているとアピールする機会にしたかったのだろう」と指摘する。

 ASEAN側はこれに対し、ミンアウンフライン氏の肩書を各国首脳とは区別して「国軍司令官」(インドネシア)、「将軍」(マレーシア)とするなど慎重な姿勢を見せた。

 だが、ASEAN内にもミャンマー情勢を懸念する声は強い。中でもシンガポールマレーシアインドネシアが関与に積極的で、首脳会議の開催も主導してきた。各国の政府系シンクタンクも関与して事前に対応策を検討。会議では国軍に抗議活動への暴力停止や政治犯の解放、特使や人道支援の受け入れなどを求めたという。

 「犠牲者が増えているのは、市民に国のために死ぬ覚悟があるからだ。このままではすぐに内戦状態になる」と、関係国の外交官の一人は混乱拡大への危機感を口にした。ミャンマーの混乱は、地域の不安定化にもつながりかねない。

 国際社会のミャンマーへの非…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。