「いいね」水増しは違法 中国がライブコマース規制強化

有料会員記事

北京=西山明宏
[PR]

 低い評価を削除したり、閲覧数や「いいね」の数を水増ししたりしてはならない――。中国当局は来月25日から、ネットで商品の実演販売をする「ライブコマース」の規制を強化する。中国で大人気のライブコマースだが、問題が多いことが背景にある。

 今月23日に発表されたのは「国家ライブコマース管理弁法」と呼ばれる規制。商品の情報を偽ったり、誇大広告で消費者をだましたりすることを禁止する。サクラを使って配信の視聴者数や高評価数を増やして人気を装ったり、低評価や不利なコメントを削除したりすることも違法行為とした。違反した場合は民事、刑事上の責任が問われるとしている。

 中国ではアリババ集団の「タオバオ」ようなネット通販サイトや、「ウェイボー」のようなSNSサイトなど、ネット上の多くの場所でライブコマースが大流行している。中国メディアによると、中国国内のライブコマースのユーザーは3・8億人に上り、2020年の市場規模は9600億元(約16兆円)と予想されている。

 また、人気が高まるにつれて…

この記事は有料会員記事です。残り321文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら