いま私、母じゃなくて人間だ… 産後28日目にコンビニで感じた変化

有料会員記事

若松真平
[PR]

 2016年5月、26歳だった漫画家のおやまさんは、里帰りして長女を出産した。

 妊娠8カ月の時に切迫早産と診断されてから、産後1カ月半まで実家で世話になった。

 生まれたばかりの我が子は、よく泣く子だった。

 おむつを替えるたびに顔が紫色になるくらい泣き叫んだ。

 鼻がつまったり、寝ていてうなり声を上げたりすると、気になって眠れなかった。

 「寝ている間にうつぶせになって死んでしまったらどうしよう」と心配だった。

 産む前は不安がなく、子育てについて根拠のない自信があったのに。

「新生児期が終われば……」

 泣き声を聞くたびにビクビクして、なぜ泣いているのかを知りたくて、スマホで検索ばかりしていた。

 用意していた漫画やテレビ番組を楽しむこともできず、6畳の和室でひたすら赤子と向き合った。

 「生後4週間の新生児期が終われば、何かが変わるはず」

 願望も含めてそう思いながら、「生後何日」と書かれた日めくりカレンダーをめくった。

 祈るような思いで迎えた28日目。本当に変化が起こった。

 きっかけは母から「あんた…

この記事は有料会員記事です。残り1143文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら