• アピタル

チェルノブイリ、子への影響「最小限」 研究チーム分析

有料会員記事

後藤一也
[PR]

 1986年4月26日に起きた旧ソ連チェルノブイリ原発事故で、被曝(ひばく)した親から生まれた子どもの遺伝子の変異を調べたところ、通常の人と変わらなかったとする分析を、米国などの国際研究チームがまとめた。被曝の次世代への影響は論争になってきたが、今回の結果では遺伝子に異常はなく、人体への影響は「最小限」としている。

 米科学誌サイエンスに発表した。

 チェルノブイリ原発事故では、放射性ヨウ素で汚染された牧草を牛が食べ、その牛の牛乳を周辺住民が飲み続けたことで、子どもの甲状腺がんが増えたことが知られている。

 研究チームは、当時の原発作…

この記事は有料会員記事です。残り491文字有料会員になると続きをお読みいただけます。