「料理の鉄人」神田川俊郎さん死去 81歳、コロナ感染

新型コロナウイルス

 大阪・北新地日本料理店「神田川」店主、神田川俊郎(かんだがわ・としろう、本名大竹俊郎〈おおたけ・としろう〉)さんが25日、死去した。81歳だった。葬儀は近親者で営む。喪主は長男希(のぞむ)さん。後日、お別れの会を開く予定。

 京都市出身。中学卒業後に大阪の日本料理店で修業し、1962年に創作おでんの店を開業。後に北新地に移り、神田川を開店した。

 「料理の鉄人」などテレビのバラエティー番組に多数出演し、気さくな人柄で親しまれた。「料理は心」の信条のもと、コンビニ弁当の監修もするなど、型にとらわれない「新日本料理」を掲げた。2015年には農林水産省から「日本食普及の親善大使」に任命されていた。

 関係者によると、新型コロナウイルスに感染し、治療を受けていたという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]