「責任は全て私に」 自民・小松氏が敗戦の弁 参院長野

衆参3選挙

[PR]

 新型コロナウイルスに感染した羽田雄一郎参院議員の急逝に伴う参院長野選挙区の補欠選挙は、雄一郎氏の実弟で、立憲新顔の羽田次郎氏(51)=共産、国民、社民推薦=の初当選が確実になった。

 対立候補の自民新顔、小松裕氏(59)=公明推薦=は25日午後8時10分ごろ、長野市内のホテルで「このような結果になり、本当に申し訳ない。結果が全て。与党の長野県の議席を取り戻すことが出来なかった責任は全て私にある」と沈痛な表情で語った。

 参院長野選挙区では、今回で、野党統一候補が自民候補に3連勝となった。