公明・石井幹事長「政権運営に影響なし、とは言えない」

衆参3選挙

[PR]

 菅政権にとって初の国政選挙となった参院広島選挙区再選挙と参院長野選挙区補欠選挙衆院北海道2区補選が25日投開票され、自民党は与野党対決となった広島と長野でいずれも敗れた。候補者擁立を見送った北海道を含め、「全敗」という結果に終わった。

 公明党石井啓一幹事長は25日夜、党本部で記者団の取材に応じ、「選挙結果については、真摯(しんし)に受け止めなければいけない。政権運営への影響はなし、とは言えない」と述べた。

 一方で、広島での河井案里氏と夫の克行被告による買収事件など「政治とカネ」への不信感や、参院長野補選の「弔い選挙」の要素を挙げ、「個別の要素も大きかったのではないか」と強調した。

 「全敗」の結果について、記者団から「与党全体に逆風が吹いていると感じるか」との問いにも、「内閣支持率政党支持率を見ると、今の与党に大きな逆風があるとは思わない。広島選挙区の特有の事象だったんではないか」とかわした。