政治生命かけた戦いに大逆風 岸田氏の悲願、狂った計算

拡大する写真・図版フロントライン

[PR]

 菅政権が初めて挑んだ三つの国政選挙は、政権側の全敗に終わった。とりわけ参院広島選挙区再選挙での敗北の衝撃は大きい。

 「素晴らしい候補者に恵まれながら、選挙戦を勝ち抜くことができなかった。力不足をおわびしなければならない」

 25日午後10時半過ぎ、広島市内のホテル。選挙戦の陣頭指揮をとった自民党岸田文雄・前政調会長は、会場の壇上で支援者らに5秒間、頭を下げた。

【連載】FRONT LINE 政治の最前線

菅首相を支える「秘密結社」や野党のジレンマ――。政局のキーマンの動向や注目ニュースの背景を、わかりやすく伝えます。

 広島は2017年の衆院選で、全7小選挙区のうち6小選挙区で自民が議席を獲得するなど「自民王国」として知られる。池田勇人元首相が結成し、現在は岸田氏が率いる自民党宏池会岸田派)の発祥の地でもある。党内では「勝って当たり前」との楽観論もあった。

 だが、自民への逆風は想像以上だった。

首相候補として望み…「大きな賭け」に

 今回の再選挙は、19年参院…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。