河村たかし氏「しっかりやりゃあよと信託」5選受け演説

関謙次
[PR]

 25日の名古屋市長選で5度目の当選を決めた河村たかし氏(72)が26日午前6時半過ぎ、市営地下鉄一社駅前(同市名東区)で街頭演説した。次の4期目限りで市長を退く意向を表明しており「皆さんに最後のチャンスをいただいた。しっかりまたやります」と通勤客らに抱負を語った。

 当選翌朝に一社駅前に立つのは河村氏の恒例行事。今回は、偽造事件に発展した大村秀章愛知県知事へのリコール署名を支援したことへの批判を受けた逆風下の選挙戦だったことを念頭に「いろいろあったけど、しっかりやりゃあよという信託をいただいたと思います」と述べた。

 25日は記者会見やテレビ収録が深夜まで続いた。缶のレモンサワーを一人で飲み、就寝は26日午前4時ごろ。睡眠は約1時間半というが「そういうもん。務めですから」と疲れた様子は見せなかった。

 午前8時前に同市東区の事務所へ戻ると、当選を報じる新聞各紙を読み比べた。「コロナ対策をしっかりやらなあかん。それは当然。給料年800万円でやっとると、本当に務めというか、使命感でやっとるという気持ちが強いんです」と話し、市役所へ向かった。(関謙次)