ユン・ヨジョン氏助演女優賞「成果だ」韓国メディア絶賛

ソウル=鈴木拓也
[PR]

 25日夕(日本時間26日午前)に行われた第93回米アカデミー賞授賞式で、米南部に移民した韓国人一家を描いた「ミナリ」に出演した韓国のベテラン俳優、ユン・ヨジョン氏が助演女優賞を受賞したことを、韓国メディアは速報で伝えた。

 聯合ニュースは、「韓国俳優として初めて米アカデミー賞の演技賞を獲得した」と報じた。昨年、作品賞など4部門を席巻した韓国映画パラサイト 半地下の家族」と比較し、「(パラサイトでも)果たせなかった成果だ」と絶賛した。アジア人の助演女優賞獲得は、1958年に日本出身のナンシー梅木氏が米映画「サヨナラ」で受賞して以来だと伝えた。

 「ミナリ」は米制作会社2社による米国映画だが、監督は韓国系米国人のリー・アイザック・チョン氏で、韓国系米国人や韓国人の俳優が主要キャストを占め、大半のセリフが韓国語だ。作品賞など6部門でノミネートされ、韓国では昨年の韓国映画パラサイト 半地下の家族」に続き、「韓国旋風」を起こすかどうかが注目された。(ソウル=鈴木拓也)