黒板にZoomのID オンラインの授業、中学校で練習

有料会員記事新型コロナウイルス

編集委員・宮坂麻子
[PR]

 東京都世田谷区の区立船橋希望中学校では26日朝、生徒に1台ずつ配備されたタブレット端末を使い、対面とオンラインを併用した朝学活が行われた。区教育委員会が緊急事態宣言が出されるのを見据え、全区立小中学校にオンラインでの学習と授業を試行するよう指示したことをふまえた試みだ。

 午前8時半、3年2組の黒板に、オンライン会議システム「Zoom」のIDとパスワードが大きく書かれた。「今日はZoomです。早めに入って」と担任教諭。3年1組だけが対面で朝学活を行い、同学年の他の6学級は各教室から生徒の端末で、その様子を見る。感染が拡大して分散登校や学級閉鎖になっても、オンラインで自宅から授業などに参加できるようにするための練習だ。

 3年生の大半が、Zoomを使うのは初めて。学年の約220人と1年生が朝一斉につないだこともあり、接続にやや時間がかかったが、なんとか全員がログインできた。1組の担任は端末の画面越しに「緊急事態宣言が出ました。部活の朝練は中止になります。最終下校は17時半です。感染予防に気をつけてください」などと呼びかけた。

 学年主任の小牧美穂教諭は「…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]