第3回少年院の中で成人式 「やればできる」怖さもあるけど

有料会員記事

編集委員・大久保真紀
写真・図版
最後の砦 少年院の日々③
[PR]

 「働いて金をため、いつか専門学校か大学に進んでみたい」

 少年院の中で二十歳を迎えた院生はそう夢を語り、「自分のような非行少年を支える仕事もしてみたい」と目を輝かせた。

 見知らぬ男性を仲間と一緒に殴り倒し、財布から金を奪って逮捕され、茨城県牛久市にある少年院「茨城農芸学院」に入った。

 高校を中退した自分はバカだと思っていたし、学校では宿題をしたこともなかった。だが、少年院で学ぶ喜びに出会った。高校卒業認定資格を取り、クレーンに資材を掛けたり外したりする玉掛けや、大型建設機械運転の資格も取得した。

 「やればできるんだ」。小さな自信を積み重ねて新たな自分を見つけ、1年半の在院生活を終える。

写真・図版
高校卒業認定試験を目指して勉強する少年。支援団体の講師が勉強を教えていた。新型コロナウイルスの影響で、少年たちは別室にいる講師とテレビモニターを通じてやりとりしていた=2020年7月、茨城県牛久市、内田光撮影

 「少年院に来て、失敗して、良かったんだ」。教官から言われた言葉が心に突き刺さった。人に流されやすかった自分の弱さにも気づかせてくれた。

 社会に戻るにあたり、被害者…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載最後の砦 少年院の日々(全3回)

この連載の一覧を見る