列車撮影巡りトラブルか ホームで中学生投げられ頭骨折

[PR]

 埼玉県川口市のJR京浜東北線西川口駅のホームで25日午後5時20分ごろ、男子中学生が男に投げられ、頭の骨が折れる重傷を負った。県警によると、中学生は命に別条はないという。男は直後に到着した電車に乗って大宮方面に逃走したといい、県警は傷害などの疑いで行方を追っている。

 川口署によると、男は事件前、臨時快速列車「あしかが大藤まつり号」の撮影をめぐり別の男子中学生とトラブルになっていた。被害に遭った中学生も列車の撮影で来ており、男はトラブルの様子を中学生がスマートフォンで撮影していることに気付き、ホーム上に押し倒すように投げたという。

 男は10~20代で、身長約170センチ。細身の短髪で、マスクをつけていた。被害者の男子中学生と面識はないという。