ノマドランドは銀幕でこそ輝く 意思感じたアカデミー賞

有料会員記事

編集委員・石飛徳樹
[PR]

分断から共生への意思感じた 編集委員・石飛徳樹

 第93回米アカデミー賞は25日(日本時間26日)、米国在住の中国人監督クロエ・ジャオの「ノマドランド」が作品賞など主要3部門を獲得。また「ミナリ」の韓国人俳優ユン・ヨジョンが助演女優賞を得て、昨年に続いてハリウッドにアジア旋風が吹き荒れた。

 「ありがとう、ネットフリックス!」。今年の授賞式では、この言葉をよく耳にした。

 少し前まで、日本ではドキュメンタリー部門や短編部門の受賞作を見ることは難しかった。しかし今年は長編ドキュメンタリー賞の「オクトパスの神秘:海の賢者は語る」や短編実写賞の「隔たる世界の2人」など、多くの作品を配信で見ることが出来る。

 配信大手のネットフリックスが7部門、アマゾンプライムビデオが2部門を獲得した。コロナ禍で映画館が休業する中、今年は映画館での上映という要件が緩和された。その影響もあるだろう。ただし、配信映画の隆盛の流れはもはや止まらない。それを象徴する受賞結果だった。

 そんな中で、「ノマドランド…

この記事は有料会員記事です。残り781文字有料会員になると続きをお読みいただけます。