サウナ問題の池田市長「高齢者にワクチン届いたら辞職」

有料会員記事

細見卓司、瀬戸口和秀
【動画】サウナ持ち込み問題で記者会見する大阪府池田市の冨田裕樹市長=細川卓撮影
[PR]

 大阪府池田市の冨田裕樹市長(44)が26日、家庭用サウナを市役所に持ち込むなどした問題をめぐり、「高齢者へのワクチン接種が行き届いた時に辞職したい」と記者会見で表明した。27日の臨時市議会で不信任案が可決される公算が高まる中、去就が注目されていた。

 冨田氏は同日午後2時から市役所で会見を開いた。冒頭、「サウナ問題で世間を騒がせて市民に心配、迷惑をおかけし、市政を停滞させことをおわび申し上げたい」と頭を下げた。

 その上で新型コロナウイルスの「第4波」が襲い、大阪府緊急事態宣言が出たことに触れ、「コロナ対策を万全に期すべき時。選挙になれば高齢者を危険にさらすことになり、それは避けなければならない」と言及。議会側に選挙を避けるよう求めることも明らかにした。

 ただ、辞職の時期は「ワクチン供給量が順調にいけば(ワクチン接種は)年内よりもっと早い段階でできると思うので、その感覚で期日感が生まれてくる」と答えるにとどめた。

 27日の臨時市議会では3分…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。