野田聖子氏「秘書が投稿、反省」投票呼びかけツイートで

[PR]

 自民党野田聖子幹事長代行は26日、参院広島選挙区再選挙の投開票日に秘書が野田氏のツイッターアカウントで党の公認候補への投票を呼びかける投稿をしたとして、「多くの方々に誤解とご心配をおかけし深く反省している」とコメントを出した。

 公職選挙法は、選挙運動は選挙の告示日から選挙期日の前日までしかすることができないと定めている。

 野田氏の事務所が発表したコメントによると、ツイートが投稿されたのは投開票日当日の25日午前2時過ぎ。野田氏が前日に広島県福山市で行った自民新顔の西田英範氏の応援演説の報告とともに「皆さんの貴重な1票をぜひ西田ひでのりさんに託してください!」などと呼びかける内容で、野田氏本人のアカウントから秘書が投稿したとしている。その後、投稿に気づいた別の秘書が同日早朝に削除したという。