レクサスなど221台盗んだ疑い 被害総額は7億円超

有料会員記事

多田晃子
[PR]

 トヨタ車のレクサスやランドクルーザーなどの高級車を相次いで盗んだなどとして、千葉県警は26日、茨城、埼玉両県警と捜査した、いずれも茨城県や住居不定の21~44歳の日本人の男7人(窃盗容疑で逮捕、起訴)について、車221台などの同容疑で追送致し、発表した。これまでの検挙分の車5台なども含めると、被害総額は計約7億1475万円という。捜査関係者によると、車のスマートキーの電波を傍受する「リレーアタック」の手法などが使われていたという。

 県警によると、2018年10月ごろから千葉県東葛地区を中心に、国産の高級車盗が頻発し、防犯カメラなどの捜査から容疑者が浮上。茨城県南部でも同様の窃盗事件があり、埼玉県内でも関連事案が確認されたため3県警で連携して捜査していた。

 千葉県警によると、日本人7人に加え、いずれも盗品等保管容疑で逮捕(不起訴)した茨城県在住でタジキスタン共和国の男3人を含む計10人で、18年1月~昨年8月ごろ、千葉、茨城、埼玉、東京の1都3県で国産の高級車などの窃盗計232件を繰り返していた疑いがあるという。

 捜査関係者によると、「リレ…

この記事は有料会員記事です。残り203文字有料会員になると続きをお読みいただけます。