北アに「白馬」現る 首やお尻くっきり、そろそろ田植え

山下周平
[PR]

 雪解けとともに北アルプス・笠ケ岳(2898メートル)の山頂付近に「白馬」が現れた。山腹の雪が解けて馬のような形に見え、岐阜県飛驒地方では田植えの準備が始まった。

 晴天の26日、笠ケ岳には稜線(りょうせん)に沿って馬の首やお尻がくっきりと見えた。高山市上宝町の水梨勝郎さん(76)はこの日、トラクターで田起こし。3月が暖かく、白馬の出現は例年より2週間ほど早い。まだ気温の低い日もあり、田植えは来月下旬になりそうだ。(山下周平)