「覚醒剤混入の可能性」 無罪判決で指摘の警察官不起訴

[PR]

 警察官が秘密裏に覚醒剤を飲料に混入させた疑いがぬぐえないなどとして、覚醒剤取締法違反罪に問われた男性(46)が無罪となった事件で、名古屋地検は26日、捜査した男性警察官(37)を私印偽造・同不正使用と偽証の罪で不起訴処分(起訴猶予)とした。愛知県警はこの警察官について処分を検討している。

 名古屋地裁の確定判決によると、男性は逮捕後の警察署での取り調べで、内部規定に反して出された紙コップのお茶や水を20~30杯飲み、尿から覚醒剤成分が検出された。

 この警察官は、男性の兄になりすまして男性に計2万円を書留で送り、公判で送金を否定するうその証言をしたとされる。