群馬・高崎で民家全焼、3人死亡「玄関が燃えている」

[PR]

 27日午前1時25分ごろ、群馬県高崎市箕郷町下芝の会社員、松本覚司(かくじ)さん(62)方から、「玄関が燃えている」と119番通報があった。高崎署によると、この火事で木造2階建ての松本さん方が全焼。焼け跡から3人の遺体が見つかった。松本さんと、同居する妻(59)、長男(27)と連絡がついていないという。

 同署によると、松本さん方は4人家族。通報したのは長女(32)で、出火当時、2階の自室にいたという。救急搬送されたが、命に別条はないという。

 現場は、高崎市中心部から車で30分ほどの郊外にある住宅街。近くに住む70代女性は、「寝ていたらパン、パーンという大きな音がして、驚いて起きた。外を見たら真っ赤な炎が見えた」と話した。