• アピタル

大規模接種センター、都内に5月24日設置 防衛相発表

新型コロナウイルス

松山尚幹
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、岸信夫防衛相は27日午前の閣議後会見で、5月24日ごろから3カ月間、防衛省・自衛隊が東京都内に大規模接種センターを設置し、医官や看護官を派遣すると語った。感染が拡大している大阪でも検討するという。

 岸氏によると、閣議後、菅義偉首相から「東京都、埼玉、千葉、神奈川各県には、全国の高齢者の4分の1にあたる900万人が住んでいる。感染拡大が全国に与える影響も大きい」として、大規模接種センターを都内に設置するよう指示を受けたという。

 これまでワクチン接種については、自治体に接種会場の運営を委ねていた。しかし、接種が進まないことに国民の批判が出ており、迅速化をはかるために国が直接乗り出した形だ。

 政府関係者によると、接種会場は東京都千代田区大手町の合同庁舎の使用を想定している。(松山尚幹)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]