置き引き容疑で少年3人逮捕 「転売し、大麻買った」

[PR]

 公園でゲーム機などを置き引きしたとして、警視庁は、高校生を含む東京都内の少年3人を窃盗の疑いで逮捕し27日発表した。少年らは「転売し、得た金で大麻を買った。自分たちで吸った」などと供述しているという。

 周辺の公園や団地では1~3月、ベンチや自転車のかごからバッグなどが盗まれる被害が20件以上確認されていたといい、同庁が関連を調べている。

 逮捕されたのは、板橋区都立高校生(18)と、いずれも練馬区の無職少年(19)とアルバイトの少年(18)。

 少年事件課によると、3人の逮捕容疑は3月9日午後3時前、練馬区光が丘4丁目の光が丘公園で、ベンチに座っていた男性(58)からゲーム機やソフトが入ったショルダーバッグ(被害総額計4500円相当)を盗んだというもの。1人が男性に道を尋ねるふりをして、その間に別の1人がバッグを盗み、1人が周囲を見張っていたという。

 3人は遊び仲間で、置き引きを臨時収入の手段として繰り返し、「臨時」と隠語で呼んでいたという。