87歳田原総一朗の朝ごはん「バターは厚く」は妻の遺言

有料会員記事

才本淳子
【動画】田原総一朗の30年ほぼ変わらない朝ごはん=才本淳子撮影
[PR]

 都心の高層マンションの一室。朝食の準備は、積み上げた新聞や資料の谷間にお盆を置くことから始める。16畳ほどのリビング兼書斎がジャーナリスト田原総一朗(87)の朝食の場所だ。あふれた皿は、本の上に載せることになる。

 やかんで紅茶の湯を沸かしながら、目玉焼きを作り、冷凍しておいた食パン1枚をトースターに入れたら、レタスを手でちぎる。グラスを三つ並べて牛乳、リンゴジュース、冷たい茶を注ぐ。

 台所と書斎を往復しながらお盆にすべてのメニューがそろう頃、「チン」とトースターが鳴る。

全国のさまざまな人たちの「朝ごはんの風景」を随時お届けします。あなたの「朝ごはん」をメール(seikatsunews@asahi.comメールする)、ファクス(06・6201・0179)、郵送(〒530・8211 朝日新聞生活文化部・朝ごはん係)でお寄せください。

 30年間ほぼ同じ。いつもの食器に、いつものメニュー。考えなくても体が動く。

 「僕は、食べたいものはほとんどない。元気に仕事がしたいから食べる。それだけ」。唯一、好きなのはあんこで、あんパンはよく食べるのだという。

写真・図版
トースト、目玉焼き、ヨーグルト、あんパン、リンゴジュース、冷たいお茶、温かい紅茶。牛乳は台所で飲んだ。イチゴとレタスはお盆に載り切らず本の上に

 趣味もない。好奇心はすべて仕事に注いできた。トーストを黙々と口へ運びながら、その日の仕事の段取りを考える。食後は、社説などを読み比べながら1時間ほどかけて新聞6紙に目を通す。30分のウォーキングに出かけるのも、足腰を強くして、仕事を長く続けたい思いがあるからだ。

 2人の妻を病気で亡くしている。「2004年に逝った妻とは、一緒に朝食の準備をしていた。今のメニューはその時からで、台所に一緒に立つうちに僕が覚えたんでしょう」。本格的な料理はしたことがないし、包丁も使わない。朝も包丁を使わなくていいメニューが残ったという。

 胃腸が弱くあぶらっぽいもの…

この記事は有料会員記事です。残り424文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら