リニア、品川~名古屋の工事費1.5兆円増 計7兆円に

[PR]

 JR東海は27日、リニア中央新幹線の品川―名古屋の工事費が、従来の計画より約1・5兆円増えて約7兆円になる見通しだと発表した。難工事への対応や地震対策を充実させるため、としている。

 増加分の内訳は、品川駅名古屋駅の両ターミナルの工事費で0・5兆円、地震対策による側壁や路盤の強化で0・6兆円、工事で発生する残土の処分で0・3兆円などとした。

 目標に掲げてきた品川―名古屋の2027年の開業については「非常に困難」としつつ、延期の正式な表明はこの日も控えた。