「監視されてる?」ターゲティング広告の不安、解消は

有料会員記事

新宅あゆみ、益田暢子 サンフランシスコ=尾形聡彦
[PR]

 政府はネット広告の規制に踏み出す方針を固めた。価格や取引の不透明さを解消することに加え、規制強化のもう一つの柱は、巨大IT企業が広告に活用している個人情報の扱いについて、透明性を高めることだ。グーグルなどのIT大手が提供する検索サービスの検索履歴やサイトの閲覧履歴、SNSの投稿などをもとに、利用者の好みに合った広告を示す「ターゲティング広告」に対しては、利用者の懸念の声が強まっていた。

 「自分の履歴を監視され、『これどうですか』とセールスされている感じ」

 「メールの内容や購入金額、住所も漏れているのではないか」

 日本インタラクティブ広告協会(JIAA)の調査で、ターゲティング広告について寄せられた利用者からの不安の声だ。

 JIAAが2019年に行っ…

この記事は有料会員記事です。残り1641文字有料会員になると続きをお読みいただけます。