2年後も物価上昇1% 黒田日銀2期10年でも目標未達

有料会員記事

渡辺淳基 稲垣千駿

写真・図版

[PR]

 日本銀行は27日、新型コロナウイルス危機からの正常化を見込む2023年度でも、物価が前年度比1・0%しか上がらないとの見通しを公表した。黒田東彦総裁は就任後の13年から、2%の物価上昇をめざして「異次元緩和」を続けてきたが、この間の物価上昇は最高でも年平均0・8%。任期の2期10年をかけても達成が困難だと示した。目標自体が妥当なのかも改めて問われそうだ。

 この日の記者会見で黒田氏は、総裁任期(23年4月まで)での目標達成が難しくなったことを問われ、「実現に時間がかかっていることは残念」と述べた。一方、「2%の物価目標は達成できる」「引き下げは考えていない」とも語り、緩和策を粘り強く続ける姿勢を重ねて強調した。

 日銀は年に4回公表する「経済・物価情勢の展望(展望リポート)」で、向こう3年間の経済・物価見通しを示している。27日の金融政策決定会合後に出したリポートによると、政策委員による物価上昇率見通し(中央値)は21年度が0・1%。22年度0・8%、23年度1・0%だった。

 21年度は携帯電話料金の引…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。