お母さんへ感謝 絹と花のギフト 南砺の会社販売 富山

法野朱美
[PR]

 富山県南砺市城端の絹織物業「松井機業」が、母の日(5月9日)を前に、地元特産の絹織物と花かごをセットにした「母の日ギフト」を販売している。

 ギフトの絹製品は「肌に優しい絹織物の良さを知ってもらいたい」とマスクや野菜の保存袋など4種類を選んだ。同社の松井紀子さん(36)は「いつも家族の健康を気遣うお母さんに、感謝の気持ちを込めて送ってもらえたら」と話す。花は、同市の花卉(かき)農家「千華園」の石村修子さん(42)が育てたもので、鉢植えのナデシコやキンギョソウなど、季節の花が楽しめるという。

 予約受付は5月7日午後5時まで。価格は花の大きさや絹製品の種類によって異なり、3850~1万1千円(税、送料込み)。注文は松井機業のサイト「ヨハナス」(https://johanas.stores.jp別ウインドウで開きます)から出来る。

 問い合わせは松井機業(0763・62・1230)。(法野朱美)