「紀州のドン・ファン」を殺害容疑、元妻を都内で逮捕

有料会員記事

[PR]

 多くの女性との交際遍歴から「紀州のドン・ファン」と呼ばれ、2018年5月に急性覚醒剤中毒で死亡した和歌山県田辺市の会社社長、野崎幸助さん(当時77)を殺害したとして、県警は28日、元妻の須藤早貴(さき)容疑者(25)=東京都品川区=を殺人容疑で逮捕した。捜査関係者への取材でわかった。

 県警捜査員が28日早朝、須藤容疑者が住む品川区高層マンションを訪れた。午前5時35分ごろ、須藤容疑者を乗せた捜査車両の白いワゴン車がマンションの駐車場を出た。須藤容疑者は3列シートの最後列真ん中に座り、報道陣のフラッシュがたかれる中、終始下を向いていた。

 県警は田辺市の田辺署に移送し、本格的な取り調べに入る見込みだ。

 野崎さんは18年5月24日夜、自宅2階でぐったりしているのを須藤容疑者が見つけ、手伝いの女性が心臓マッサージをしたが、その後死亡が確認された。

 県警が遺体を解剖したところ、血液や胃の内容物などから致死量を超える覚醒剤成分が検出され、死因は急性覚醒剤中毒と判明した。

 野崎さんの腕には注射痕がなかったといい、口から摂取した可能性が高いとみられる。

 県警は18年6月、容疑者不詳の殺人容疑で野崎さんの自宅や会社、東京都内の須藤容疑者の別宅などを捜索した。野崎さんが亡くなる18日前に急死し、自宅庭に埋葬された飼い犬も掘り起こして死因を調べるなど、捜査を進めてきた。

 野崎さんは生前に出した著書…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。