イタリアの飲食店、屋外席を再開 スカラ座も再び開館へ

有料会員記事新型コロナウイルス

ローマ=大室一也
[PR]

 イタリアは今週から、新型コロナウイルスの感染リスクが高いとされる州や地域などを除き、感染防止のための規制を段階的に緩和し始めた。持ち帰りや宅配に限っていた飲食サービスは、屋外の客席での飲食を再開した。ローマ市内の飲食店でも27日、市民らが屋外の席で食事や飲み物を楽しんでいた。

 劇場や映画館、コンサートホールなどは再開後、予約制にして収容数の50%までに制限する。北部ミラノにある世界3大劇場の一つのスカラ座は、5月11日から再び開館することになった。地元メディアなどによると、同国を代表する世界的指揮者のリッカルド・ムーティ、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団が出演するという。

 また、国会では今週、欧州連合(EU)から配分された「復興基金」を中心とした総額2480億ユーロ(約32兆6千億円)の復興プランが審議された。コロナ危機で疲弊した経済の立て直しを目指す。

 イタリアでは3月に新規感染…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]