大型連休中、全国どこかの夜空で「#花火駅伝」打ち上げ

藤原伸雄
【動画】大型連休に「#花火駅伝」 花火師らが花火玉つくり=藤原伸雄撮影
[PR]

 花火のチカラで日本中を笑顔に――。新型コロナウイルスの感染が再拡大する中、日本各地を元気づけようと花火業者らが連携し、大型連休中に花火を打ち上げる準備を進めている。

 花火メーカーの若松屋(愛知県西尾市)が各地の花火業者に声をかけ、「#花火駅伝」を企画。時間や場所を告知せず、29日から7日間で国内の200カ所以上で夜空を彩る。花火玉には、ツイッターを通じて募集した「笑顔」にまつわるエピソードを貼り付ける。27日には、糸井火工(福島県須賀川市)の花火師らが「画面を通してじゃなくて、みんなに直接会える日が来ますように」「笑顔の力は無限大」などと書かれた紙を貼り付け、花火玉に思いを込めた。

 糸井秀一社長(41)は「最前線で頑張っている医療従事者や自粛で疲弊している皆さんに元気と笑顔を届けたい」と話した。(藤原伸雄)