紀州のドン・ファンとすれ違い?長期の捜査、関与を否定

有料会員記事

[PR]

 体から多量の覚醒剤成分が検出され、疑惑がもたれていた不審死から約3年。「紀州のドン・ファン」と呼ばれた会社社長を殺害した疑いで元妻が28日、逮捕された。和歌山県警は時間をかけて捜査を進めてきた。

 死亡した野崎幸助さん(当時77)と札幌市出身の須藤早貴容疑者(25)は18年2月に結婚した。年齢差は55歳。野崎さんは3度目の結婚だった。県警によると、須藤容疑者は昨年2月に須藤姓に戻したという。

 野崎さんが18年4月に出した自伝では、須藤容疑者との出会いについて、「羽田空港で転んだ私を優しく助けてくれた」とし、「ファッションモデルとして海外も飛び回っている」「東京や京都、和歌山でもデートを繰り返した」と記した。

 野崎さんと50年来の付き合いという女性(69)は、須藤容疑者の逮捕について「今朝ニュースを見て知った。驚いた」と話す一方、「早貴ちゃんも社長のことあまり好きじゃなかったからね」と漏らした。

 「あまり悪く言いたくないけ…

この記事は有料会員記事です。残り792文字有料会員になると続きをお読みいただけます。