老朽原発の再稼働、福井知事が同意 新しい基準で全国初

【動画】関西電力の老朽原発3基について杉本達治・福井県知事が再稼働に同意。反対する市民が県庁前に集まった=山田健悟撮影
[PR]

 運転開始から40年を超える関西電力の老朽原発3基について、立地する福井県の杉本達治知事は28日、再稼働に同意すると表明した。東京電力福島第一原発事故の後、原発の運転が原則40年と定められた後に全国で初めて、老朽原発が再稼働する。

 杉本知事が再稼働に同意したのは高浜1、2号機(高浜町)と美浜3号機(美浜町)。再稼働には地元首長、議会の同意が必要とされ、3基については高浜、美浜両町が2月までに同意し、福井県議会が4月23日に容認。知事の判断が焦点になっていた。

 2013年施行の改正原子炉等規制法は原発の運転期間を原則40年と定め、原子力規制委員会が認めれば1回に限り最長20年延長できるようになった。3基のほかに、日本原子力発電東海第二原発茨城県東海村)が規制委から認可を受けたが、再稼働のめどは立っていない。

 全国では廃炉が決まった原発をのぞいて、計5基が5年以内に運転40年を迎える。