菊池俊輔さん死去「ドラえもん」や「暴れん坊将軍」作曲

定塚遼

 「ドラえもん」や「仮面ライダー」など、数多くのテーマ曲を手がけた作曲家の菊池俊輔(きくち・しゅんすけ)さんが24日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去した。89歳だった。葬儀は近親者で営んだ。喪主は長男竜輔(りょうすけ)さん。

 アニメ音楽や、映画・ドラマの劇伴音楽の巨匠として知られる。青森県弘前市出身。1961年に映画「八人目の敵」でデビュー。「吉宗評判記暴れん坊将軍」「タイガーマスク」「ゲッターロボ」「Dr.スランプ アラレちゃん」など数多くの人気作のテーマ曲を世に送り出した。

 83年には映画「誘拐報道」「青春の門・自立篇(へん)」で日本アカデミー賞優秀音楽賞、2015年には日本レコード大賞功労賞を受けた。

 歌手の水木一郎さんは「はじめて雄叫びをした『超人バロム・1』、風邪をひいて叱られた『バビル2世』、別名で歌った『侍ジャイアンツ』、コミカルな一面を引き出してくれた『がんばれ!!ロボコン』、漢の哀愁を深く感じた『仮面ライダー』シリーズなど、数えれきれないほどの番組の主題歌を歌わせていただき、その時の光景が今も目に浮かびます。菊池俊輔先生、ありがとうございました。安らかにお休みください」とコメントした。

 歌手のささきいさおさんは「『新造人間キャシャーン』の候補に上がった時、『和製プレスリー』時代の僕は歌がヘタだったので先生は余り乗り気ではなかったそうです。

 テストの歌唱を聞いて上手くなっていたのでOKを頂きました。

 それからは「ゲッターロボ」を始め「グレンダイザー」先生が作曲されるロボット物を次から次に歌唱させて頂きました。

 先生が音楽を担当していらした「Gメン75」のヨーロッパロケではダジャレを言い合いながら旅行をしたのが楽しい思い出です。

 しばらくお会いしていませんでしたが、ご冥福ををお祈り致します」

 主題歌や劇中BGMを手がけた主な作品や曲名には「ドラえもんのうた」「ぼくドラえもん」「仮面ライダー」「キテレツ大百科」「ワイワイワールド」(Dr.スランプ アラレちゃん)「忍者ハットリくん」「ぼくはオバQノンキなオバケ」(オバケのQ太郎)「ドラゴンボールZ」「アイアンキング」「タイガーマスク」「がんばれロボコン」「少年探偵団のうた」「ゲッターロボ!」「がんばれドカベン」「『キイハンター』オープニング・テーマ」「Gメン’75のテーマ」「暴れん坊将軍」「昭和残侠伝」「トラック野郎 望郷一番星」「アッと驚く為五郎」「海底大戦争」「風が息をしている」「なんたって18歳!」「赤い疑惑」「スクール☆ウォーズ」「野菊の墓」「怨(うら)み節」「スチュワーデス物語」「不良少女とよばれて」などがある。(定塚遼)