避難勧告を廃止、避難指示に一本化 改正災対法が成立

有料会員記事

山岸玲
[PR]

 災害時の避難情報を大幅に変更する改正災害対策基本法が28日、参院本会議で全会一致で可決され、成立した。大雨の警戒レベルで危険度が2番目に高いレベル4に避難勧告と避難指示が混在していたが、避難勧告を廃止して避難指示に一本化する。

 これまで二つの避難情報の意味の違いが住民に浸透しておらず、避難を始めるタイミングが遅れることなどが課題とされていた。新しい避難指示は、これまでの勧告発令のタイミングで市区町村から出される。

 何らかの災害が起きたと確認できた際に出していたレベル5の「災害発生情報」は「緊急安全確保」に変更。災害発生が切迫した段階でも発令できるようにした。この時点では屋外の避難所へ向かうことが危険なため、自宅の上層階や近隣の頑丈な建物への移動などを求める情報だ。

 また、今回の改正では、高齢…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。