南アルプスに巨大操り人形現る クドカン命名「モッコ」

有料会員記事

松下和彦
[PR]

 東北復興を発信する東京五輪パラリンピックの文化プログラムに登場する巨大な操り人形が、制作現場の長野県高森町で初めて屋外で動く姿を披露した。5月15日の岩手県陸前高田市を皮切りに、宮城、福島、東京へと続く舞台の旅に出る。

 人形は身長約10メートルの大きさで、名前は「モッコ」。脚本家宮藤官九郎さんが命名した。東京2020大会の公式文化プログラム「しあわせはこぶ旅」の主役として、東日本大震災の被災3県で5月にある舞台イベントに登場。参加者らのメッセージを集め、7月17日に東京でのイベントに現れる予定だ。

 高森町は、2019年に町内でモッコの制作が決まって以降、温室だった施設を作業場所として提供し、冷暖房の設備も整えた。ボランティア募集に応じた町民ら100人以上が、人形に用いる竹を細く切って着色したり、マントを手縫いしたりして協力。町出身の鉄工所経営者も部材製作などで全面協力した。

ロープ約50本 12人で操る

 23日は作業場所と同じ敷地…

この記事は有料会員記事です。残り645文字有料会員になると続きをお読みいただけます。