第1回「ワクチンは殺人兵器」 大物県議がのめりこんだ陰謀論

有料会員記事

[PR]

 コロナ禍に不安が高まり、デマや陰謀論が広がる。信じたいものだけを信じる姿勢を、SNS空間が助長する。「虚」が広がって「実」がかすんでいく姿を、現場を歩いて報告する。

拡大する写真・図版かすむリアル①

 小さな牧場の脇にあるログハウス風の事務所で、男性は記者に話し始めた。

 「コロナのワクチンにはマイクロチップが入っていて、5G電波で操られる。打てば5年で死ぬ」「菅も麻生も逮捕された。今、表に出ているのはゴムマスクやクローンだ」

 福井県の斉藤新緑(しんりょく)県議(64)。町議から数えて議員生活は30年。県議会議長も務め、今は自民党県連のナンバー2、会長代行だ。

 議会報告の冊子「ほっとらいん」を2月、地元の坂井市で約1万6千部配った。「ワクチンは殺人兵器」「バイデンはこの世にいない」「9・11のテロはCG」と記した。

 その内容は米国で1月、議場襲撃事件に関与したとされる陰謀論集団「Qアノン」の主張と似通う。トランプ政権下で分断が広がる中、「政財界や主要メディアは影の政府に支配されている」などの思想が広がった。いずれも根拠はない。

 「ほっとらいん」の内容を複数の大手メディアが報じた。批判が殺到したのではないかと記者は尋ねた。

拡大する写真・図版県議は主張を記した冊子を配った(コラージュ)

 「励まし、絶賛ばかりだよ。全国から」。スマホを出し、自身のフェイスブックを示した。「すばらしかったです、拡散しました」「待ちに待った暴露だ」。コメントが並んでいた。「議員生活で一番の反響だ。党からも何のおとがめもない」と笑った。

 情報源は「日に1冊は読む」という本や、ネットだという。事務所には天井まで届く本棚がある。小説にノンフィクション、雑誌など雑多だ。陰謀論を論じる著者の本も読むという。

 ユーチューバーの石川新一郎・元埼玉県富士見市議(67)は3月、「斉藤さんは光の戦士」と称賛する内容を配信した。

 富士見市議を3期務め、2009年に落選。その後は国政や地方議会に挑んだが届かなかった。19年7月にチャンネルを開設。当初の登録者は数百人だったが、昨秋に他のサイトの受け売りで「米大統領選で偽の投票用紙が出回っている」と流すと、登録者は一気に増えた。連日似た内容を流し、一時は10万人を超えた。

 「市議時代よりも活動は充実している。10万回再生されれば約4万円の収入にもなる」

 福井県議会自民党会派の仲倉典克会長(53)は、斉藤県議を「口頭で注意した」と言う。県連関係者の1人は「自分から辞めて欲しいとみんな思っているのでは」と声を潜める。

 斉藤県議を30年応援してきた坂井市の男性(72)は「勉強熱心な、地元に尽くす政治家だった。越前ガニや甘エビのブランド化など、彼の貢献を知っている。どうしてこうなってしまったのか」と嘆く。

 古参の支援者の70代男性は「ほっとらいん」について、斉藤県議に「これはまずい」と忠告したが、怒鳴られた。逆に、石川元市議らが斉藤県議を称賛する動画やメッセージを見せられた。「ネットばかり。古くからの友達のはずなのに私たちの声は全然届かない」

 斉藤県議は言う。「私が伝えることが真実だ。もうすぐみんなわかる」

 陰謀論に共感する人は日本の各地にいる。当事者や家族に会った。

長年連れ添った夫と離婚することになってしまった極端な主張とは? 感染対策に気を配っていた母の突然の変貌とは? 記事後半では、陰謀論にのめり込んだ人たちやその家族の状況を追います。「予言」を信じる妻に夫が放った一言、抜け出せたきっかけ、終わった関係、それぞれの状況を探ります。

閑職に移った夫 「コロナは人口削減計画の一環」

 東京都内に住む女性(53)は2月、22年連れ添った50代の夫と離婚した。

 夫は大手メーカー勤務だが、閑職に移って「つまらない」とこぼした。コロナ禍の在宅勤務で一人、部屋にこもった。

 昨年の5月、夕食時に「米国が感染者と死者の数を水増ししている」と言った。6月に陰謀論関連のデモに参加。8月には、「コロナはただの風邪」などとする手製のチラシを周辺に配った。同じ主張の多人数で集まり、ノーマスクで飲食する「コロナ飲み会」を度々開いた。

 昔から「UFO」の本をよく…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。