元妻、自ら覚醒剤入手か 「紀州のドン・ファン」不審死

有料会員記事

[PR]

 和歌山県田辺市で2018年5月、資産家として知られ、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた会社社長の野崎幸助さん(当時77)が自宅で急死した事件で、県警は28日、元妻の須藤早貴(さき)容疑者(25)=東京都品川区=を殺人と覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで逮捕し、発表した。認否は明らかにしていない。

 県警によると、逮捕容疑は18年5月24日、野崎さん宅で何らかの方法で覚醒剤を口から摂取させ、急性覚醒剤中毒によって殺害したというもの。

 捜査関係者によると、県警が須藤容疑者のスマートフォンの通信記録を調べたところ、事件前に覚醒剤について調べた形跡があったという。県警は須藤容疑者が覚醒剤を入手したことを確認したといい、インターネットを通じて密売人とみられる人物と接触して購入したとみて、入手ルートの裏付けを進めている。

 須藤容疑者は札幌市出身で、事件3カ月前の18年2月に野崎さんと結婚した。野崎さんは3回目の結婚だった。須藤容疑者は結婚後も東京の別宅と野崎さん宅を行き来していたという。

 野崎さんは18年5月24日午後10時半ごろ、自宅2階の寝室のソファで仰向けに倒れているのを須藤容疑者と手伝いの女性に発見され、死亡が確認された。

 その後の解剖で、胃の内容物…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。