どこでも収録「小農ラジオ」 ポッドキャストで農業PR

有料会員記事

吉田芳彦
【動画】 有機農業への思いを発信する岐阜県白川町黒川の高谷裕一郎さん=吉田芳彦撮影
[PR]

 岐阜県白川町黒川で有機農業を営む高谷(たかや)裕一郎さん(43)が、インターネットラジオといわれる「ポッドキャスト」で、有機農業で栽培した作物のよさや、こだわりの土の話などを語る番組を配信している。「農に関わる人の輪をつなぎたい」との思いを込め、これまでに30本以上を制作した。

     ◇

 ♪おいしい野菜とゆうきを君に

 番組「小農ラジオ」の冒頭、有機農業に誘うような軽妙なフレーズが流れる。

 一回の番組は30分程度。2月21日は題して「小農座談会」。高谷さんが作った有機培養土を配達した愛知県美浜町で、「つなぐ農園」の井上哲平さん(40)と対談し、構成した。

朝日新聞ポッドキャストはこちら

声でしか伝えられない熱量や臨場感。ポッドキャストでお聞きください。事件、政治、経済……これまでのニュースの枠を超えて、ファクトに迫ります。記事に書ききれなかった話や現場で感じたことも。

 井上さんは、名古屋市中心部で定期的に開かれるマルシェで作物を販売してきたが、コロナ禍でマルシェは中止に。高谷さんが「本当に大打撃だね」と水を向けると、井上さんは「経営スタイルを変え、品目を絞って安定的に作れるように変えていかないと」と、心境を語った。

 井上さんは、農系ポッドキャストの魅力について「ネットでは、困っていることやしんどいことはあまり出てこないが、本音が聞けること」と話す。

 高谷さんは、大学で土の中の養分を植物に供給する菌について研究し、種苗会社に就職。田舎に住みたい希望と、夫婦がともに趣味とするロッククライミングで岐阜県内を訪れたことがあることから、白川町に2015年に家族で移住し、16年に農業を始めた。

 現在は、5千平方メートルの…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。