スマホに覚醒剤密売人と接触の形跡 資産家元妻を送検

有料会員記事

[PR]

 和歌山県田辺市で2018年5月、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の野崎幸助さん(当時77)が急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、殺人と覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで県警に逮捕された元妻の須藤早貴(さき)容疑者(25)=東京都品川区=のスマートフォンに、覚醒剤の密売人とみられる人物とやりとりした形跡があることが、捜査関係者への取材でわかった。

 県警は29日、須藤容疑者を両容疑で和歌山地検に送検した。地検へ向かう捜査車両は午前11時ごろに県警田辺署を出発し、後部座席中央の須藤容疑者はうつむいたままだった。

 関係者によると、野崎さんの死後、県警は須藤容疑者にスマートフォンなどの提出を求め、通信記録を解析した。その結果、野崎さんと結婚した18年2月以降、覚醒剤についてインターネットで調べた形跡があることがわかったという。

 事件前には、密売人とみられる人物と連絡を取り合い、覚醒剤を購入していたことをうかがわせる内容のやりとりも確認されたといい、県警は入手ルートの裏付けを進めている。

 野崎さんは18年5月24日…

この記事は有料会員記事です。残り303文字有料会員になると続きをお読みいただけます。