米フォード、110万台減産へ ルネサス工場火災が一因

有料会員記事

ニューヨーク=真海喬生
[PR]

 半導体の世界的な不足を踏まえ、米自動車大手フォード・モーターは28日、2021年の生産台数は従来の計画より110万台減る見込みだと発表した。21年の全体で25億ドル(2700億円)の減益要因になるという。茨城県ひたちなか市にある半導体大手ルネサスエレクトロニクスの工場で3月に起きた火災も響く、という。

 21年1~3月期決算と併せて発表した。減産の規模は1~3月は20万台、4~6月は70万台、7~12月も20万台と見込む。昨年の販売台数は418万台、コロナ前の19年は538万台だった。

 半導体をめぐっては、コロナ…

この記事は有料会員記事です。残り266文字有料会員になると続きをお読みいただけます。