豪州オリパラ選手団、食事も検査も「自前」で感染防止 

有料会員記事

シドニー=小暮哲夫
[PR]

 新型コロナウイルスの感染を避けるために、パック食品を大量に持ち込み、独自のPCR検査機器も用意する――。東京五輪パラリンピックに選手団を派遣するオーストラリア五輪委員会が、自国選手向けにこんな感染対策やルールを検討している。豪紙オーストラリアンが29日、報じた。

 同紙によると、豪五輪委はまず、選手らに豪州の出国の2週間前から外食を控えるように求める。日本に入国後、選手村で食事を取る場合は会話を禁止。豪州から持ち込む数千食分のパック食品を、各自の部屋で食べることを推奨する。

 開会式や閉会式に参加する選手の数を10人程度に抑えることも検討する。東京五輪の大会組織委員会などが28日に発表した行動規範(プレーブック)の第2版では選手たちは原則、毎日検査をすることが盛り込まれたが、豪州として、1時間以内に結果が出る検査機器を独自に準備する。

 これらの対策を検討している…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。