スポニチ、記者を懲戒処分 騎手ら給付金不適切受給巡り

新型コロナウイルス

[PR]

 日本中央競馬会(JRA)に所属する調教師や騎手らが新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不適切に受給していた問題に絡み、スポーツニッポン新聞社は29日、大阪本社レース部に所属していた記者を28日付で出勤停止の懲戒処分にしたと発表した。

 給付金申請の勧誘に関与し、記者倫理を逸脱したとしている。記者は2月25日付でレース部から異動し、関西競馬記者クラブも退会したという。

 同社はウェブサイトで、「弊社記者が本来の業務と関係のない行為をし、記者倫理を逸脱したことに対しおわび申し上げます。今後は研修など社員教育を徹底し再発防止に努める所存です」とする広報担当のコメントを発表した。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]