取組で首などを負傷し起き上がれず 三段目力士が死亡

[PR]

 大相撲春場所(東京・国技館)の取組で首などを負傷し、救急搬送されていた三段目力士の響龍(ひびきりゅう)さん=本名・天野光稀(みつき)さん、山口県下関市出身、境川部屋=が28日、急性呼吸不全のため東京都内の病院で亡くなった。28歳だった。29日、日本相撲協会が発表した。協会は、現時点で負傷と死因の因果関係は分からないとしている。葬儀は部屋関係者のみで執り行うという。

 響龍さんは春場所13日目の3月26日、敗れた取組で首付近から土俵に落ち、起き上がれなくなった。土俵から担架で運び出され、その後救急搬送され、入院していた。

 響龍さんは山口県立響高(現下関北高)から2011年に角界入り。最高位は西三段目24枚目だった。