大阪で過去最多44人死亡、1171人感染 新型コロナ

新型コロナウイルス

[PR]

 大阪府は29日、府内で新たに1172人が新型コロナウイルスに感染していることを確認したと発表した。亡くなった人は44人で、過去最多を更新した。これまでの最多は1月27日の23人だった。府内の感染者数は延べ8万211人、死者は計1448人になった。

 府によると、重症の患者は前日から11人増えて390人。このうち58人が軽症・中等症病床で、1人が滋賀県の医療機関で治療を受けている。府が確保する重症病床(337床)の使用率は98・2%になった。

 軽症・中等症の受け入れ病床も府が確保する1983床に1586人が入院しており、使用率は80%になっている。

 また、東大阪市の高齢者施設で職員と利用者計6人、高槻市の高齢者施設で職員8人、寝屋川市の児童施設で職員と児童計9人の感染が確認され、府はクラスター(感染者集団)が発生したとみている。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]