飲食店だめなら…高級ワイン客室で GWに新サービス

有料会員記事新型コロナウイルス

磯部征紀、成沢解語、河合博司
[PR]

 昨年に続くコロナ禍の中で、大型連休が始まった。移動自粛が呼びかけられる中、主要駅では人影がまばら。都心で、行楽地で連休をどう過ごしたのか。

 東京都江戸川区の会社員男性(30)は29日朝、妻(29)とともに東京駅から新幹線で静岡県の熱海に向かった。昨年は旅行を取りやめたが、今回は宣言前に予約。都外への旅行は2年ぶりだ。「自粛が続いたので楽しみ。人混みは避けてゆったり過ごします」

 80代の母親の介護愛知県に帰省する千葉県印西市の男性(61)は「親が高齢なので感染が心配。収束を願いますが、ワクチンが広がらないと」と案じた。

 東京駅はこの日、旅行者や帰省者で混雑する光景はなく、昨年に続いて新幹線は空席が目立った。

 JR東海によると、28日~5月5日の東海道新幹線の予約席数は15日現在で27万席。昨年の約2・2倍だが、コロナ禍前の2019年の2割弱にとどまる。29日の午後4時までの東京発下り列車の自由席乗車率は、「のぞみ」で10%以下から60%、「こだま」は10%以下だった。

 そんな中、東京・紀尾井町のホテルニューオータニは、連休を前にした26日から「スーパールームサービス」と題した新たなサービスを始めた。

 「こちらがロマネ・コンティです」。12階のスイートルームに、ソムリエの加藤啓介さん(43)が1本約400万円の高級ワインを運んだ。他の銘柄もずらりと並べ、その一つをグラスになみなみとついだ。

 ホテル内の飲食店では、要請に基づいてアルコールの提供を自粛する。その代わりに、客室で宿泊客がアルコールを含むメニューを楽しめるサービスだ。通常のルームサービスのグレードを上げたもので、約300種類のドリンクや約120種類の料理の提供を受けられる。家族連れや高齢夫婦らに人気といい、緊急事態宣言の終了まで続ける。

 ホテルの常連でルームサービ…

この記事は有料会員記事です。残り536文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]