三段目力士・響龍さん死亡 土俵周辺には医療関係者不在

[PR]

 大相撲春場所で負傷した三段目力士、響龍(ひびきりゅう)さん(本名・天野光稀さん)が28日、1カ月の入院の末、急性呼吸不全で亡くなった。28歳だった。高校の先輩、元幕内豊響に憧れて同じ境川部屋に入門して、約10年だった。

 響龍さんが負傷したのは13日目の3月26日、午後1時過ぎ。投げを受けた際に頭部から俵付近に落ち、うつぶせのまま立ち上がれなくなった。土俵近くには審判の親方衆や呼び出しら関係者がおり、数分後に、響龍さんを仰向けにした。

 本場所では土俵周辺に医療関係者を配置しておらず、国技館内にある診療所の医師が土俵に駆けつけた。指示を受けた日本相撲協会関係者が響龍さんを担架に乗せ、土俵を降りるまで、負傷から5分以上が経過していた。当時、協会は意識はあるとしつつ、頭や首などを痛めているとしていた。

 響龍さんの死去を受け、29日、芝田山広報部長(元横綱大乃国)は代表取材に「(けがと急性呼吸不全との)因果関係はわからない」とした上で、当時の協会の対応について「(今は)何とも言えない。こんなことが起きると誰も思っていない。後日、協会からお伝えしたい」と答えた。

日本相撲協会・八角理事長のコメント

 この度の訃報(ふほう)に接し、協会員一同、心より哀悼の意を表します。ご遺族の皆様方のご傷心を察しますと、お慰めの言葉も見つかりません。私自身、突然の訃報(ふほう)に、ただただ驚き、ぼうぜんとしております。

 1カ月以上にわたる闘病生活、さぞつらかったと思いますが、ご家族や師匠らの懸命の看病のもと、力士らしく、粘り強く耐え、病魔と闘ってくれました。今はただ、安らかに眠って欲しいと願っております。

 懸命の治療を施してくださった医療関係者の皆様には故人に代わり、深く感謝申し上げます。