「投壊」のホークス先発陣に光明 武田、連敗をストップ

有料会員記事

菅沼遼
[PR]

(29日、プロ野球=ソフトバンク2―1日本ハム)

 福岡ソフトバンクホークスの武田翔太は試合前、「気合、入れていけ」と工藤公康監督から発破をかけられた。

 4連敗中のチームはいずれも先発投手が崩れて負けていたからだ。28歳の右腕が先発の役割を果たし、連敗を断ち切った。

 武田の投球の軸はストレートとカーブ。「四球を出してもいいやというくらいの気持ちで、大胆に投げていった」という。

 その典型が一回の場面。昨季…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。