アロハ作ろう! 周防大島高・山口県立大・町が協定

川本裕司
[PR]

 山口県周防大島町山口県立大、県立周防大島高校が28日、同町役場で地域活性化を狙いとした「包括的連携協力に関する協定」に調印した。人口減、地域課題の解決、生徒募集といったそれぞれの課題に協力して取り組む。自治体と大学の連携は多いが、高校を含めた三者の協定は珍しい。

 移民の歴史から米ハワイ州カウアイ島と姉妹島となっている周防大島の特性を生かし、デザインを専門とする大学研究室と高校生でアロハシャツを今年度中に作製。大学の連携授業で高校生の英語力を向上させ、定員割れの改善にもつなげる考えだ。町と連携した大学の出前講座も実施する。(川本裕司)