ネット閲覧履歴が見られてしまう?仏、対テロ法案を決定

有料会員記事

パリ=疋田多揚
[PR]

 フランス政府は28日、国民のインターネットの閲覧履歴を当局が自動分析して捜査に活用することなどを盛り込んだテロ防止法案を閣議決定した。相次ぐテロを受けて治安対策強化に乗り出した形だが、政府は具体的な情報収集方法を明らかにしておらず、専門家からは「規制内容や範囲があいまいで広すぎる」などとしてプライバシー侵害を懸念する声が出ている。

 政府の説明や仏メディアによると、法案が成立すれば、当局はインターネット上の膨大な情報をアルゴリズム(計算方法)で分析できるようになる。暴力や憎悪をあおるようなサイトを頻繁に閲覧したり、テロを示唆するメッセージを交わしたりしていれば、捜査当局が個人を割り出せるしくみだ。仏メディアは実態は「ほとんどAI(人工知能)」を捜査に活用するようなものだと伝えている。

 当局はこれまで電話の通話記…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。