5千円超の贈り物もらうな ローマ教皇が高官に禁止令

有料会員記事

ローマ=大室一也
[PR]

 世界に約13億人の信者がいるローマ・カトリック教会のフランシスコ教皇は29日、バチカンの省庁や関連団体の高官、職員らに向け、汚職などの不正防止に関する法令を出した。タックスヘイブン租税回避地)に資産を持つことや、教義に反する活動をしている企業への投資を禁止。40ユーロ(約5200円)以上の価値がある贈り物を受け取ってはならないなどと定めている。

 ANSA通信などによると、高官や職員らは、テロやマネーロンダリング資金洗浄)、脱税で有罪判決や捜査を受けていないとの宣誓書にサインしなければらない。こうした対策は、公的資金管理の透明性を高めるのが目的とされる。

 「貧者の教会」を掲げるフラ…

この記事は有料会員記事です。残り185文字有料会員になると続きをお読みいただけます。